blog index

日記(タイトル募集中…かも)。

残念ながら中国の内情は暴けずに留学生活はのんびり過ぎ去ってしまいました。
まあこのブログは引き続きタイトルも決まらずに日記として使ってます。
コメント大歓迎。
〜Since Aug 2004〜
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
初給料
先月までのバイト代のほうが多いんですけど…。
まあ、たぶん2週間分ぐらいやろし、寮の家賃やらなにやら引かれとるのもあるけど。
二回関西帰るだけでなくなりそうや。

というわけで、はっきり決めてないけど来週帰ると思います。
「帰ってきたときは連絡してやー」と言ってくれた人がたくさんおるので誰に優先的に連絡したらよいのか迷いますが。

ところで今日は天気がよかったので、荻窪の祖父母宅から西東京の自宅まで歩いて帰ってみた。
善福寺川をずっとさかのぼったけど、東京も結構住宅地に緑は多いね。誰やコンクリートジャングルっておどかしたやつは。
さすがに2時間近くかかったけど、慣れない町の散歩は楽しい。
| やぎ | - | 23:58 | comments(4) | trackbacks(0) |
ニュージャージー
こんなことせずに研修レポートを書かなあかんのやけど。
なんとか東京砂漠で生きてます。
ってもまあまだ研修中なので何もしてないけど。
とりあえず今は半日座学で半日現場で研修という日々なので、新しいスーツより先に新しいジャージを買ってしまった。
寝巻用に持ってきた高校の部活ジャージだけじゃちょっとね。運動靴も要るかも。

その都度片付けんと、すぐ処理せなあかんことがたまっていくなあ…。
よっぽど俺の社会人生活が心配なのか、このところいろんな人が様子をうかがうメールをくれる。励まされていると思っておこう。ありがたや。
| やぎ | - | 23:36 | comments(4) | trackbacks(0) |
取り急ぎ。
東京に移りました。
引っ越しというより、ほんまに単身で移動したという感じですが。
寮のことを先週まで何も聞いてなくて、先週の卒業式の日に初めて場所を告げられ、日曜に移動して今日入社式。
あわただしくて緊張するひまもない。
ってか着いて会社に行って初めて聞いた、まさかの3LDKに3人というルームシェア方式。
別に気にしないけど、一人暮らしのつもりで来たのでやや拍子抜け。

あ、というかその前にいちおう修了しました。
そういうことにしてもらったようです。
いろいろあったけど、学生時代にお世話になったみなさん、本当にありがとうございました。
学部・サークル・留学先・大学院での先輩・後輩・先生・そして同期の友達。
バイト仲間と職場の人、生徒たち。
小・中・高から付き合いが続くそれぞれの友達。
姫路と神戸の街。
いくら感謝してもしきれない。
こんなこと書いて、なんか人並みに感傷的やなーって思う自分もおるけど、まあこの時期ぐらいええか。
いろんな部分の後片付けも持ち越しとるけど…。

音楽が特別な趣味というわけでもないし、あんまりブログでこういう紹介をするのはどうかと思ってたけど、ひとつだけ。
最近心にしみる歌。

出たのはけっこう前でそんときは何も思わんかったけど、個人的に最近ヘビーローテーションなのはやっぱりこういう時期やからか。なんだかなあ。
桜ソングやけど前向きなようでちょっと後ろ向きな歌詞がなんかいいよね。

あ、新居はネット環境どころかほんまに布団を買っただけで何もない状態なので、しばらく見ることはできないかもしれません。
近くに漫喫かなんかあるかなあ。
| やぎ | - | 23:59 | comments(6) | trackbacks(0) |
坂道発進
今日乗った16系統の運転士さんは、けっこう苦手なようだった。
山幹の信号待ちでも、阪六の停留所でも、ちょっと不安を感じさせてしまうほど下がってしまっていた。
でもだからといって明らかに信号が変わるだいぶ前に交差点を通過するのはどうかと思うよ。高羽町の手前のとこ。
あそこはたいてい高架くぐったとこからゆるゆる進んで、信号で停車しないようにタイミング調整しとるやん。それで目測誤ったら素直に止まれよ。公共交通なんやから。
ささやかな抗議のつもりで降りるときに声はかけませんでした。
まあ教習以来マニュアル車に乗ったことがない俺が偉そうには言えんけどね。
このバスに乗るんもあと一回あるかないか。

いろんな人に会わなければ。
…と思いつつ結局なんやかんやであまり実現してない。
自分のせいやけど春休みらしいこともほとんどないまま、あっという間にこんな時期。
学生らしくぱーっと一ヶ月ぐらい旅行でもしたかったなあ。
ま、人と会ってもぐだぐだやけど。
つくづく痛感するのは、学術的にも人付き合いでも圧倒的にアウトプット力がないのが自分の欠点。よく言われるし昔から分かっとるつもりなんやけど。ああかっこわるい。

区切りでいったん止まって、後ろに下がっても、落ち着いて踏み込んだらちゃんと進めるもんなんでしょうか。
| やぎ | - | 23:58 | comments(3) | trackbacks(0) |
入試の季節。
明日は国公立大の前期入試。
いつもは高3でにぎわっている自習室も今日はがらがら。
そんな中ある生徒は近い大学を受けるので今日も来ていたが、おもむろにこう聞いてきた。
「赤本見てたら2005年と2007年の化学でまったく同じ物質(の構造式)が答えになる問題が出とった。今年もこれ覚えといたほうがええよな?」

うーん…。絶対たまたまやろけどな。

高校入試はもう少し先やけど、先週中3の公立高校入試演習を見たとき。
問題:伊勢神宮に関連して、江戸時代末に天から御札が降ってくるという噂が流れ、民衆が踊り回った騒動のことをひらがなで何と言うか。
生徒の答え:「えらいこっちゃ」

惜しい…。その気持ちは分かる。

こんな楽しい生徒に囲まれた塾のバイトもそろそろやめることになります。
数え7年ほども勤めたんで感慨もそれなりにあるはずやけど、今は入試やら期末テストやら新年度に向けた準備やらでばたばた忙しい…。また改めて。
あ、お近くで塾の仕事に関心のある方はぜひご連絡ください。紹介します。
| やぎ | - | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) |
あったかい週末。
昨日、いざ机に向かったら机の上の電気スタンドが突然消えて点かなくなった。
しょうがないので蛍光灯だけ買いに外へ出たら、あんまりええ天気やったので夢前川沿いに書写まで散歩してしまった。
野山に分け入って旧夢前町のほうまでちょこっと探検してみた。
それから書写の里美術工芸館で「インドネシア 島々の布」という展示を見てきた。何も予備知識はなかったけど、インドのサリーや日本の絣と関係あったりするというのが面白い。
そして帰り道に、小学校のときからどこから行くのか気になっとった山の上の住宅地へ続く道に入ってみたり。
あれ、何するつもりやったっけ。
帰宅したら切れたはずの蛍光灯もなんかまだ粘れそう。

今日は出かけようとしたら自転車がパンクしてた。
なんかこう、気を削がれるよな。
明日直さな。ああ、何も進んでないのにいらんことばかり…。

やべっちFCはアジア最終予選のほかの試合の情報もやってくれるからいいよね。
| やぎ | - | 23:55 | comments(4) | trackbacks(0) |
髪切ったら
若く見えるというより、若作りしているように見えると塾の生徒に言われた。
ふん。
だいぶ短くしたのでちょっと寒いな。

論文は名目上終わったようで終わってない。
ここ1、2ヶ月は生涯で一番自分が嫌いになった。ああ情けない。
ただもう生き恥をさらすしかない。
ほんま、俺はいろいろと失格な部分が多すぎる。
しかしこんなに気落ちしても、友達としゃべる機会があると少しは気が楽になるから不思議や。学生の甘さでもあるかもな。個人的に「学校の友達」という存在への依存度はかなり高いと思う。そう見られてないかもしれんけど。

春休みの予定もいろいろ妄想していたけどなんかもうだめや。
あ、それと3月はじめぐらいには江戸へ下ることになると思う。

ニュース23を見て思う。親善試合であるフィンランド戦の宣伝をこんなにしているのに、なんで国際Aマッチであるアジアカップ予選の中継がないのかと。
法外な放映権料ふっかけられたとかなんとか事情はあるみたいやけれども。
そういやフィンランド代表監督はバクスターらしいね。久しぶり。

昨日ふと今年のACLの組み合わせを調べたりして久しぶりにアジアサッカー熱が上がってきた。北京と名古屋が同組だ。それについてはいずれゆっくり書こう。
ちょうどいい具合にフットサルの話も。
今週土曜、フットサルしたい人急募。
| やぎ | - | 23:54 | comments(4) | trackbacks(0) |
謹賀新年
年が明けたけどそれどころじゃない。
いやほんま。やばい…。
とりあえずご挨拶まで。
今年もよろしくお願いします。

年賀状のネタに創作してみた牛。
うし(創作・製作とも八木澤)
去年の秋ぐらいにぼんやり考えてとりあえず折ってみたやつ。その割に見かけはまあまあの形に。
でもいまいち満足度は高くない。
推敲している場合ではないのでそのまま。

ひそかにこんな感じで折り紙を記事にするのは初めてかも。
もっと創作も発表もしていきたい。…とにかく社会人になってから。
| やぎ | - | 23:11 | comments(7) | trackbacks(0) |
ちびっこ
この前中学のときの友達が結婚して第一子が生まれたんやけど、出産祝いと称しておとつい遊びに行ってきました。
俺がちびっこ好きなのは自他共に認めるところやけど、実はふれあう機会がほとんどなくて経験値はゼロに近いのです。たぶん赤ちゃんの抱き方とか分からん。
親戚に小さい子がおるとかでもないとなかなかね。5つ下の弟が小さいときとか、高校の家庭科の保育実習とか、そんなレベルの経験しかない。

で、そのとき一緒に行ったほかの友達も子連れだったので、思いがけずちびっこたちと
の楽しいひととき。
2ヶ月と、8ヶ月と、1歳半の天使が三匹。大・中・小って感じ。
知らない大人に囲まれてお母さんのひざから離れなかったり、愛想よく俺に抱かれてくれたり、まだただ光のさす方を向くだけで何が見えてるんやろって感じやったり。
なんかもう、俺はこんなにちびっこに身近でふれあえたの初めてに近いし、夢のようやったわ。抱っこさせてくれたときの幸福感ってすばらしいね。
なんやろあの体温の高さ。ちっちゃな手の握りかた。ほっぺたのふにふに感。これがホモサピエンスか。
見ていて飽きないよなあ。携帯で撮った写真見ても思い出しほほえみが止まらん…。
もちろんこんな無責任にかわいがれるのも他人の子やからかもしれないけど。
実際の育児は旦那さんへの不満とか含めていろいろと大変なようです。

赤ちゃんの白目が青いとか、おならをよくするとか、知らないことがたくさん。
こどもに関わる事業をする会社に勤めんとしている身としては、無邪気に戯れるばかりじゃなく、こういう人たちのために働くんやって気を引き締めなと思いました。
ちなみに少し前に同じようなことやっとる会社が倒産して運営してた保育園を閉鎖したりして問題になってましたが、内定先ではありません。冗談だか本気だか、何人かに心配して聞かれましたが。
まあたしかにああいうの見ると多少心配も。
今日のニュース23にもその事件が取り上げられとった。俺は幼稚園しか行ったことなくて自分の育ち方に何の疑問も持ってなかったけど、この国で子育てするのはかなりの難しさがあるらしい…。
それを変えていくことを会社は目指しとるらしいし、この子らのためならがんばりたいよね。
| やぎ | - | 23:57 | comments(2) | trackbacks(0) |
ところで
おとついの日曜日、また一つ歳をとったみたいです。
四捨五入すると…というネタは同学年の人が今年みんな言うてるよな。
まあ、それどころじゃないです。
イングランドで近代サッカーの基礎が定められてから145年です。このネタももうええか。

土曜日にはがんこさんの結婚式の二次会へ。おめでとうございます。
高校のチームメイトってのはやっぱなんか感慨深いね。
かわいいビールをもらいました。
ちびビール
俺でも飲み干せそう。

いろんな人が、いろんな事態に向き合って、いろんなことを考えるんやなあ。
当たり前やけど。

論文せねば…。
| やぎ | - | 23:56 | comments(3) | trackbacks(0) |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

bolg index このページの先頭へ